東京ひとり時間

無趣味だったアラ50主婦。「ひとり時間」を楽しんでいる内に充実した日々を送れるようになってきました。そんな日々の記録です。時々家族との時間も書いています。

【和菓子ログ】『KUDZUNERUYA(奥沢)』賞味期限10分、できたてを味わえる本葛専門店

こんばんは!

都内在住アラフィフ主婦のnicoです。

ひとり時間を楽しんでいます。

 

東急目黒線奥沢駅」から徒歩4分の

KUDZUNERUYA』に

(くずねるや)

行ってきました。

 

カフェやスイーツ店が比較的多い

自由が丘・奥沢エリアですが、

和菓子を扱ったお店は多くない印象。

 

なので、

健康にも気を遣うようになってきた

アラフィフの私には

低カロリー&栄養豊富

葛もちや葛きりが食せる

和カフェ

本当にありがたい存在です。

 

KUDZUNERUYA

《『KUDZUNERUYA(奥沢)』お店の外観》©nico

 

しかも、こちらのカフェでは

奈良の「吉野本葛」を使用。

 

葛の根から採取できる葛粉は

わずか7%ですが、

その希少な葛粉100%のものが

本葛と呼ばれています。

 

また、

丁寧に時間をかけて作られているので、

採取してから完成するまでに

2か月もかかるそうです。

 

この「吉野本葛」を使って、

注文を受けてから

一つ一つ手作りされているので、

できたてを味わえるのです。

 

時間経過によって食感が変わるので、

賞味期限10分とも言われています。

 

KUDZUNERUYA

《『KUDZUNERUYA(奥沢)』できたての「葛ねり」ほうじ茶付き 890円》©nico

 

とても迷ったのですが、

初めて耳にする【葛ねり】を注文。

 

ねりたての温かい葛を

スプーンですくって食べます。

 

トッピングは「きなこ」か

「メープルナッツ」を選べたのですが、

初めてなので王道の「きなこ」にしました。

 

ほうじ茶付きで、

葛ねりには黒蜜をかけながら

いただきます。

 

写真でぷるぷる感が

伝わりますでしょうか。

 

KUDZUNERUYA

《『KUDZUNERUYA(奥沢)』スプーンですくったぷるぷるな「葛ねり」》©nico

 

手間暇かけられて作られる

「吉野本葛」に合わせて、

ほかの全ての素材にも

心を配られているそうで、

きなこ」も「黒蜜」も

ほうじ茶」も

すべてが感動的に美味しい!

 

ほうじ茶のやさしい香りと

お店の雰囲気も相まって、

心の底からほっとします。

 

KUDZUNERUYA

《『KUDZUNERUYA(奥沢)』ひとりでも居心地のいい落ち着いた店内》©nico

 

実は以前に奈良旅行に行った時に

「吉野本葛」のお店に行けなかったので

心残りだったのですが、

こんな近くにいただけるお店が

あったとは!!

 

葛を使ったランチも気になるし、

暑くなってきたので次回は「葛きり」も

いいなと思いながらお店を後にしました。

 


●Information●

KUDZUNERUYA

●電話 03-4361-4074
●住所 東京都世田谷区奥沢4-15-13
●交通 東急目黒線奥沢駅」から徒歩4分
東急大井町線東横線自由が丘駅」から徒歩12分
●営業時間 11:00~17:00
●定休日 水曜日、不定
●予約 不可
●営業時間や定休日などは変更となる場合がありますので、詳細は店舗にご確認ください。

tabelog.com

★クリックしていただけたら嬉しいです★

Copyright 2022 nico All rights reserved.