東京ひとり時間

無趣味だったアラ50主婦。「ひとり時間」を楽しんでいる内に充実した日々を送れるようになってきました。そんな日々の記録です。時々家族との時間も書いています。

●ひとり時間にカフェ●甘味おかめ 交通会館店(有楽町):創業約90年、人気メニュー「蔵王あんみつ」

こんばんは!

都内在住アラフィフ主婦のnicoです。

ひとり時間を楽しんでいます。

 

最近、甘さ控えめで後味よくいただける

和の甘味に惹かれています。

 

先日は有楽町に行った帰りに

甘味おかめ 交通会館店

に寄りました。

 


甘味おかめ 交通会館店

nico's favorite points●

●創業約90年、深川の二川屋が「おかめ」の前身
●看板メニューの「おはぎ」の他、先代女将により生み出された「蔵王あんみつ」や「ソフトあんみつ」も人気
●焼きそばやお雑煮、おでん、お弁当など食事メニューも豊富
●定休日は日曜・祝日だが、近隣の有楽町店(月曜定休日)は営業している


kanmi-okame-kotsukaikan

《甘味おかめ 交通会館店(有楽町):地下にあるお店》©nico


有楽町の甘味処と言えば

昔から「おかめ」。

 

1930年代に深川に二川屋という

甘味処を出したのが、

おかめの前身だそうです。

 

「おかめ」という称号で

有楽町にお店を構えたのが

戦後1946年。

 

kanmi-okame-kotsukaikan-menu

《甘味おかめ 交通会館店(有楽町):甘味もお食事もメニューが豊富》©nico

 

先代の女将が新メニューの創作に

意欲的だったそうで、

定番の「おはぎ」、

人気の「ソフトあんみつ」や

蔵王あんみつ」が

生み出され、

食事メニューも増えていったそうです。

 

kanmi-okame-kotsukaikan-zao-anmitsu

《甘味おかめ 交通会館店(有楽町):人気の「蔵王あんみつ」》©nico

 

豊富なメニューの中から

おはぎにしようか、

あんみつにしようか

とても迷いました。

 

しかし、待っている間に

後ろで並んでいる方が

絶対に蔵王あんみつよ~」と

しきりにおっしゃっていたので、

かなり気持ちが傾き、

結局「蔵王あんみつ」にしました。

 

蔵王あんみつ」は

「ソフトあんみつ」と見た目が

ほとんど変わらないのですが、

時間をかけて炊き上げた

金時豆が小豆と一緒に入っており、

そこが違いのようです。

 

白いソフトクリームが

蔵王連峰樹氷

思い起こさせることから

つけられた名前だそうです。

 

添えられた黒蜜をかけて

いただきます。

 

ソフトクリームの下には

金時豆、小豆、寒天

入っています。

 

ソフトクリームのインパクトが

大きいですが、

全体的に甘さ控えめ

サラッと食べられちゃいました。

 


さいごに

 

月曜日の15時頃にお店に着いたため

ちょうどお茶の時間だったのと、

すぐ近くの有楽町店が

定休日だったこともあって、

列ができていました。

 

それでも10分程で

お店に入れました。

 

先代が民芸を好まれたとのことで、

店内は家具や装飾品に民芸が

使われていて、

温かい雰囲気がするお店です。

 

さっと食べてぱっと帰る

短時間の滞在でしたが、

一息つけました。

 

帰宅前にこういう時間があると

とってもありがたいです。

 


●Information●

甘味おかめ 交通会館店

●電話 03-3216-6008
●住所 東京都千代田区有楽町2-10-1 東京交通会館 B1F
●交通 JR・東京メトロ「有楽町駅」徒歩1分
東京メトロ銀座一丁目駅」徒歩1分
東京メトロ銀座駅」徒歩3分
都営三田線日比谷駅」徒歩5分
●営業時間 11:00〜19:00(L.O.18:30)
●定休日 日曜・祝日
●予約 不可
●営業時間や定休日などは変更となる場合がありますので、詳細は店舗にご確認ください。

tabelog.com

tabelog.com

★クリックしていただけたら嬉しいです★

Copyright 2022 nico All rights reserved.