東京ひとり時間

無趣味だったアラ50主婦。「ひとり時間」を楽しんでいる内に充実した日々を送れるようになってきました。そんな日々の記録です。時々家族との時間も書いています。

●ひとり時間にカフェ●梅園(髙島屋日本橋本店):安政元年創業の浅草に本店を置く甘味処

●今回のお散歩(大手町~日本橋)●
江戸の開拓に必須だった「道三堀」の名残を探して、江戸を感じるお散歩をしました。

1.【ランチ】楠公レストハウス

2.【お散歩】皇居外苑(楠木正成像の周辺)

3.【お散歩】道三堀 vol.1

4.【お散歩】道三堀 vol.2

5.【お土産】日本橋 長門

6.【カフェ】梅園 日本橋髙島屋店《本ページ》

こんばんは!

都内在住アラフィフ主婦のnicoです。

ひとり時間を楽しんでいます。

 

江戸を感じる」お散歩の〆は

やっぱり江戸時代創業の老舗店でと思い、

梅園(髙島屋日本橋本店)に寄りました。

 


梅園(髙島屋日本橋本店)

nico's favorite points●

●創業1854年(安政元年)の老舗の甘味処
●名物あわぜんざいの他にあんみつも人気
●釜めしやお雑煮などお食事メニューもあり
高島屋日本橋店は日本橋駅や東京駅に近くてアクセスがいい


umezono-takashimaya-nihonbashi

《梅園(髙島屋日本橋本店):デパート内の入口》©nico

 

梅園は1854年(安政元年)に

浅草寺の別院・梅園院の一隅に

茶屋を開いたのが始まりで、

屋号梅園もそのゆかりだそうです。

 

今回初めて訪れましたが、

老舗のお店だということで

ワクワクします。

 

平日の15時頃、

ちょうどお茶の時間に着いたため満席でした。

 

お店の方に名前と人数をお伝えし、

待つことにしましたが、

既にに4組程お待ちでした。

 

それでもまあまあ回転はよく、

10分程で中に入れました。

 

umezono-takashimaya-nihonbashi

《梅園(髙島屋日本橋本店):抹茶あんみつ》©nico

 

名物のあわぜんざい

といきたかったのですが、

歩いて暑くなってしまったため、

周りの方が食べていておいしそうだった

抹茶あんみつ

(800円位…忘れた…)

にしました。

 

蜜は抹茶蜜と黒蜜から選べたので、

抹茶蜜にしました。

 

白玉がもちもち、

抹茶蜜はさっぱりしていて

薄っすらと感じる苦みがいい~

 

あんこも甘すぎず、

えんどう豆はしっかり固くて

豆かんも美味しいだろうなと想像できるし、

寒天もしっかりしてる。

 

一つ一つが食べ応えあるあんみつ。

 


さいごに

 

老舗の美味しいあんみつで

今回のお散歩を締めることができて、

最高まで江戸を堪能することが

できました。

 

今回のお散歩で長門梅園と、

江戸創業のお店を二つ訪れました。

 

幕末の混乱期や震災、戦災も乗り越えて

来られたのだと思うと感慨深いです。

 

今回も有意義な時間を過ごすことができました!

 


●Information●

梅園(髙島屋日本橋本店)

●電話 03-3211-4111
●住所 東京都中央区日本橋2-4-1 日本橋タカシマヤ 7F
●交通 JR「東京駅」八重洲北口から徒歩5分
東京メトロ銀座線・東西線日本橋駅」直結
都営地下鉄浅草線日本橋駅」徒歩4分
●営業時間 10:00~20:00(L.O.19:30)
●定休日 不定休(日本橋タカシマヤに準ずる)
●予約
●営業時間や定休日などは変更となる場合がありますので、詳細は施設にご確認ください。

tabelog.com

★クリックしていただけたら嬉しいです★

Copyright 2022 nico All rights reserved.